悩み相談110番☆ 悩み解消119番♪
グラビアアイドル☆ グラドル・データバンク♪



健康と美容

花粉症の原因 アレルギー反応を起こす花粉

花粉症というのは、アレルギーの一種でスギやヒノキなど、特定の植物の花粉に対して過敏に反応するために、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどの症状が起きるものです。

花粉症の原因は、これらの花粉が目や鼻などの粘膜に付着して炎症を起こし、一度でもその特定の花粉を「外敵の有害物質」だと認識してしまうと、くしゃみをして鼻水や涙と一緒にそれを排除しようと抗体が働くのです。

花粉症の症状は、なぜ人によって程度が違ったりと個人差があるのかというと、その人の体が花粉をそのまま受け入れるかどうか、つまり抗体がどのくらい免疫反応を起こすかによって、アレルギー反応の度合いが変わるのです。


花粉症の原因になるものは、それぞれの時期によって次のようなものがあります。
(同じ日本国内でも、地域の環境や天候によって多少の誤差はあります)

◆春  スギ   2月〜5月    ヒノキ  2月〜5月

◆夏  カモガヤ 4月〜7月    イネ   5月〜9月

◆秋  ブタクサ 8月〜10月   ヨモギ  8月〜10月

花粉症は、冬時期を除いて殆どの季節でなる機会がある訳ですが、実はこれらの植物以外にも、ホコリやイエダニなどが原因で、花粉症と同じような症状を引き起こす人たちが増えてきているのです。

花粉症は、大気汚染や食品の汚染など環境変化によるものも影響しているといわれ、まさに現代病である「文明の病気」と言えるのかもしれませんね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。