悩み相談110番☆ 悩み解消119番♪
グラビアアイドル☆ グラドル・データバンク♪



健康と美容

貧血の症状を改善 鉄欠乏症貧血

貧血というのは、血液中の赤血球の数が減ったり、ヘモグロビンの量が減少することで、全身に酸素を運ぶ能力が低下した状態をさします。

貧血の症状として、疲れやすい、朝起きが辛い、めまい、動悸、立ちくらみ、頭痛、息切れなどが一般的な例としてあげられます。

貧血の中でも、「鉄欠乏性貧血」のことに限定して、症状を改善するための正しい知識と治療法を紹介していきます。

まず赤血球とは、その赤血球が減少しないように、能力が落ちないようにするには、そのために効果がある食べ物を知る必要があります。

貧血にならないように、赤血球は酸素を体内の各細胞に運ぶと同時に、不要となった二酸化炭素を運ぶ役割をもっています。
つまりは、脳はもちろん手足の先などに酸素を送ることで、細胞たちがそれぞれ機能しているわけですね。

酸素が体内で不足すると、めまいや動悸、息切れや頭痛などが起こって「鉄欠乏性貧血」となるのです。

赤血球は、ヘモグロビンという血色素を含んでいて、このヘモグロビンの主成分は鉄で構成されています。

このように鉄分は重要な成分であるため、不足してしまうとヘモグロビンが生成されず、赤血球の数も減ってしまい、その結果が貧血になるというメカニズムなのです。

貧血には鉄分の補給が必要なので、この『鉄分』を多く含み食品を順不同で列記します。

プルーン ピーナッツ はちみつ クジラ カツオ ワカメ アサリ シジミ 牡蠣(カキ) 牛肉 ラム肉(羊肉) レバー ホウレンソウ パセリ レタス ヨモギ レンコン もやし 

【補足】

貧血でも「脳貧血」は、長風呂なんかで起きる症状なので、足を高くして衣類をゆるめ、体を圧迫しない状態で寝ていれば回復しますので問題視することはないでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。